読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

developとトピックブランチだけで運用してたらmasterを作ってなかったので作った

GitHubを使った開発フローで、本流であるdevelopと、プルリクを送るためのトピックブランチを使ってサイクルを回していました。

しばらくコミットを重ね、ようやくリリースに至り、masterブランチにdevelopをマージしようとしたところ、masterブランチを作ってなかったことに気づきました。

そんな時にやった手順。

$ git clone リポジトリのURL
$ git rm {すべてのファイル・フォルダ}
$ git checkout --orphan master
$ git commit --allow-empty "first commit"
$ git push origin master
  • 作業場所と別の場所にリポジトリをcloneします。
  • checkout時に --orphan オプションをつけると、空ブランチを作ることができます。
    ただ、既存(コミット済み)のファイルはunstageなファイルとして残るので、ブランチ作成前に削除しています(別の場所にcloneしたのはこのため)
  • 空コミットは --allow-empty オプションをつけて作成します。

改めてブログ記事にするとなんか面倒なことをしてる気もしますが、ともかくこれで、 "first commit" という1つの空コミットだけがある master ブランチをリモートに作成できます。

--orphan オプション便利ですね。GitHub Pagesを作る時なんかにも役立ちそうです。