読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Java SE 8とJava EE 7によるアプリケーションのモダナイゼーション~中間ふりかえり~ #javaee

はじめに

この記事は、「Java EE Advent Calendar 2014」の5日目の記事となります。
昨日は、@kazuhira_rさんの「JCacheの実装とキャッシュ管理のご紹介」でした。
明日は、@susumuisさんの「ねこ踏んじゃった系エントリ:Tomcatいじめたら意外と強かったこと」です。

このエントリは、9月にこのブログで前置きしておいた、既存のアプリケーション(Java SE 6、Java EE 5、JBoss AS 5.1.0.GA)のバージョンアップについてまとめたものです。

このプロジェクト、正直なところ、11月に終わっている予定だったのですが、諸々の事情により、まだ完了しておりません…。本来であればこのAdvent Calendarもドヤ顔で報告する算段だったのですが。
というわけで、中間ふりかえりという形で、ハマった点や新しいJavaを使ってみた所感などをまとめてみたいと思います。

以下のトピックスでお送りします(Java EEと関係ないものも混ざっていますが、このタイミングでブログに書いておかないと、ずっと書かなそうなので…)

なお、Java EEサーバとしてはWildFly 8.1.0.Finalを想定しています(今は8.2.0.Finalにバージョンアップしてますが)。

IDE(Eclipse)周りのトラブル

そもそもNetBeansIntelliJ IDEAを使わずにEclipseを使う時点で茨の道だったのかもしれないですが、とにかくEclipseを使いました。バージョンは、Java SE 8がサポートされていることがMUSTなので、必然的に4.4以上です。

「さぁ開発するぞ!」と思って、build.gradle に諸々の依存関係を追加して開発し始めたら、エディタ機能(コードアシスト)が致命的に重たく、とても開発できる状態にはなりませんでした。
原因は当時の最新のLombokのバージョン(1.14.6)の不具合でした。1.12.6にダウングレードしたら解消されました。なお、この不具合も現在は解決しているようなので、今は最新のバージョンを使いましょう。

別の問題として、Eclipseを4.4.1にアップデートした途端に、Gradle IDE Pluginがエラーを吐く問題にも遭遇しました。バグを踏んだのとトピックが起票されたのが半日も差がなく、タイムリーな問題でした。
いくつかワークアラウンドが提示されていましたが、当時はGradleのNightly Build版を使うようにして解消しました。こちらも今は解消されているみたいです。

JBoss Seam 2.2.2.FinalからJSF 2.2 + CDI 1.1への移行ポイント

対象のアプリはJBoss Seam 2.2.2.Finalで作られていたので、これをJSF 2.2 + CDI 1.1に移行しました。

Seamは個人的にはすごい使いやすいフレームワークであり、Java EE 5ベースであっても、以下のようなアノテーションの対応によってスムーズに移行できると思います。

Seam CDI
@Name @Named
@Scope(ScopeType) @RequestScoped, @ViewScoped, @SesssionScoped, @ApplicationScoped等
@In @Inject
@Out @Inject
※ スコープで対応
@Create @PostConstruct
@Logger @Inject
きしださんの記事を参考にロガープロデューサを作っておく
@RequestParameter @Inject
Qiitaに書いた拙作のようにプロデューサを作っておく
@Begin,@End Conversationを@Injectして会話スコープの作法に習う

英語の記事ですが、Migration from JBoss Seam 2.2 to Java EE 7が丁寧に書かれていると思います。

いくつかはプロデューサを作って対応していますが、それ以外に作った便利なプロデューサとしてはFacesContextやDataSource用のプロデューサがあります。
FacesContextプロデューサを作っておくと、毎回 FacesContext.getCurrentInstance() を呼ぶのに比べて、ちょっとだけコードがスッキリします。
DataSouceプロデューサは mappedName が変わった時の修正範囲が最小化してくれます。

アプリケーションの開発ルールとして、ビュー(xhtml)とバッキングBeanは1:1に対応づけるようにし、バッキングBeanは原則ViewScopedにしました。 ログインユーザ情報を保持するSessionScopedのCDIオブジェクトや、アプリ全体で利用するSelectItemのリストを返すようなApplicationScopedのCDIオブジェクトなんかは、バッキングBeanと別パッケージにまとめておきました。

JSFはまだ使いこなせておらず、 @PostConstruct メソッド内でセットした FacesMessage が画面に表示されなかった点などでハマりました。原因と解決はここを参考にしました。

Java SE 8の使いどころ(依存ライブラリの対応状況、新クラス)

どこか(Twitter?)で見たのですが、Java EE 7はJava SE 7の仕様をベースにしているようです(記憶違いならすみません)。
そのため、Java SE 8で追加されたAPIをフルに使って開発するぜ!と意気込んでも、ハマったりします。

アプリのコードをJava SE 8式で書いても、そもそもJava SE 8に対応しているライブラリはまだ少ないので、Date and Time APIからjava.util.Dateへ変換するユーティリティを書く必要があったりで、悩ましいところです。

ハマった例を挙げると、インタフェースのデフォルトメソッド内でOptionalを使っていると、デプロイに失敗しました。Optionalが悪いかどうかはイマイチ自信がないのですが、Optionalを使わないように書き換えたところ、少なくともデプロイは成功したので、現状はそのように回避しています
*1

他には、JAX-RSJSONオブジェクトを返す際、オブジェクトの型がOptional, OptionalInt, LocalDateTimeだったりすると、期待するエンコード結果にならなかったりしました。その辺は先日Qiitaにまとめておきました。

逆にスムーズにJava SE 8で書き換えできるような箇所は、匿名クラスをラムダで書き直したり、単純なループをStream APIに書き直したり、といった点です。

二重ループだったり、以下のようにある日付からある日付までをループするような処理は、ちょっと苦しくなります。

LocalDate from = LocalDate.of(2014, 2, 10);
LocalDate to = LocalDate.of(2014, 3, 3);
 
for (LocalDate d = from; d.isBefore(to); d = d.plusDays(1)) {
    System.out.println(d);
}

ちなみに上記のループは、以下のようにStream APIで書いてみました。無限に生成されるストリームに歯止めをかけるのが、 limit() しかない(?)ので、期間が何日あるかを求めて、 limit() に与えています。

long days = Math.max(0, ChronoUnit.DAYS.between(from, to));
Stream.iterate(from, (d) -> d.plusDays(1))
    .limit(days)
    .forEach(System.out::println);

その他、OptionalifEmpty() がなかったり、プリミティブ型の OptionalIntmap() がなかったり、細かい所でもどかしさを感じたりしました。

ユニットテスト

Advent Calendarの2日目に@irofさんがユニットテストについて触れていますが、モックフレームワークとして、EasyMockを引き続き使っています。

しばらくバージョンアップしてなかったのですが、最新のEasyMock 3.3だと、JUnitのルールやアノテーションを使って以前のテストコードに比べて定型コードが少なくなってテストコードがすっきり書けるようになった印象です。この辺はまた別にまとめておこうかなと。

ちなみにちょっと調べて、Java EE関連のテストフレームワークとしてneedle4jとかCDI-Unitの存在を知ったのですが、使っている方がいれば評価を伺いたいところです。

その他

PicketLink

認証・認可周りのライブラリとしてPicketLinkの採用を検討しましたが、結局見送りました。理由は、現行の認証・認可の仕組みが、DBスキーマAOP等々、アプリケーションの独自実装で作り込まれていたので、あえて乗り換えるためのコストが高そうと判断したためです。

HTML5 Friendly Markup

JSF 2.2のHTML5 Friendly Markupも、使ったり使わなかったりと中途半端な状態になっています。
テンプレートを使うための <ui:composition>, <ui:include> タグやAjaxのための <f:ajax> なども含めて、あらゆるものをHTML5 Friendly Markupで書くのが辛そうだと判断したので、いっそ割り切って、使いやすい部分だけ使うことにしました。

JMS

MDBonMessage() メソッド内の処理を書く際に、 ObjectMessage から目的のオブジェクトを取得するためのAPIとして getBody(Class<T>) メソッドが追加されていたのが嬉しい修正でした。
今までは instanceof で型チェックしてキャスト、みたいなことをするしかなかったので。

ただ、型チェックしてそれぞれキャスト、みたいなことをしなくなった代わりに、型ごとにMDBを用意しなければならなくなると思うので、その辺はメッセージセレクタで振り分るのが常なんでしょうか…?

@MessageDriven(activationConfig = {
        @ActivationConfigProperty(propertyName = "destinationLookup", propertyValue = "java:/queue/HogeQueue"),
        @ActivationConfigProperty(propertyName = "destinationType", propertyValue = "javax.jms.Queue"),
        @ActivationConfigProperty(propertyName = "messageSelector", propertyValue = "TYPE = 'A'") })
public class SampleMDB implements MessageListener {

    public void onMessage(Message message) {
        // ...
    }
}

JAX-RSのClient API

Twitterでチラッとつぶやいたのですが、接続タイムアウト、読み取りタイムアウトを設定する方法がよく分からずじまい。。

おわりに

相変わらず全然内容が整理されていないなぁと思いつつ、以上、中間ふりかえりとして、思いついた点を洗い出してみました。Java SE 8もJava EE 7も、それぞれの新機能についての解説はあるのですが、「じゃあ実際どうなの?」という事例はまだまだ少ない気がするので、参考になれば幸いです。

ここでのまとめは、実際にアプリを開発して、色々と試行錯誤した内容についての記録なので、間違いもあるかと思います。そうした点はご指摘いただけると嬉しいです。

また、こうやって大変だった点を中心にまとめると、Javaにネガティブなイメージを持ってしまうかもしれません。ただ、決してそんなことはなく、実際に開発してみて、それが軌道に乗ってくると(以前と比べて)本当にサクサク開発できるようになって、楽しいなぁと感じました*2

*1:ちなみにインタフェースのデフォルトメソッドを使っている箇所はというと、Java EEと関係ないのですが、ORMとして利用しているDoma 2のDaoインタフェースです。Doma 1からDoma 2にバージョンアップした際、委譲クラスに書いていた処理を、デフォルトメソッドとして書くように変更になったので。

*2:まぁ、一番嬉しかったのはアプリケーションサーバの起動時間が劇的に短縮された点なのですが。