読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

Book

少し前に購入した本の感想なんかを書いてみる。

実は会社に入ってからは「スライドを使っての」プレゼンにはあまり機会に恵まれていない。覚えているので2回だから、2年に1回あるかないか。もちろん、積極的に機会を見つけようとしていない結果ではあるけれど。

本書を読んで感じたのは、「プレゼン」そのもの自体はあくまで本書の教材にしか過ぎず、主眼としているのは、副題にある「人々を惹きつける」ためにはどうすればよいのかということである。プレゼンによっていかにしてジョブズは人々を惹きつけているのか。
俺は、プレゼンで人を惹きつけるなんてことを最初から頭に入れていなかったかなと思う。

本書に書かれている18の法則に全て従わなくても、できそうなものからはじめればよいし、またプレゼンをする機会がなくても、他の人に対して、商品であったり、自分自身であったり、仕事の内容であったりをアピールする時に本書の内容は役立つのではないかと思う。

ページ数はやや多めってところだけど、結構ボリュームがあるように感じた。随所に登場する著者のジョブズへの賞賛が多分原因かな。

ちなみに、この本書を読み終えるまで、俺はアップル製品は1回も買ったことがないし、ジョブズのプレゼンを一度もYouTubeとかで見たことがないクチです。この本の購入者の中では珍しいのかもしれない。プレゼン手法には元々興味があって、本屋で平積みされていたので購入。
商品を買うかどうかはさておき、やはり動画では観てみたいなと思った。

というわけで動画集(日経BP):
http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/stevejobs/movie.html

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン